商品紹介

 

残暑もようやく和らぎましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今月ご紹介させて頂く商品は、株式会社 志都香 さんのご協力のもと弊社オリジナルの商品 『令趣織成綴れ』袋帯です。

つづれ織とは、平織組織で経糸を包みこむように横糸を織り込む織物です。

世界的に古くから織られコプト織・ゴブラン織 等の芸術性の高い つづれ織 も生まれ色々な種類の技法があります。

本商品はその中の一つ、織成という技法を用い織り上げました。

織成つづれの特徴は、柄を一越織るごとに細い緯糸で織るので生地が薄目で軽くしなやかになり、又爪掻つづれのような柄部分に

八ツリ目が出ません。

つづれは機の調整が非常に難しく、熟練の織手と試行錯誤して完成。柄も古典的な題材を、古くないモダンな意匠にしました。

9月 「西陣織会館」での展示会に初出品しております。

是非一度、皆様に見て頂きたくご紹介させて頂きました。

商品担当 森重翔太

お取引先の皆様でこの商品に興味を持たれましたら弊社の担当者に遠慮なくお問い合わせ下さい。

お取引先以外の方でこの商品に興味のある方は お問い合わせフォームから弊社にご連絡下さい。